おにぎり製造バイト

某コンビニエンスストアのおにぎりキャンペーンがあり、
派遣会社から紹介を受けて、食品加工会社に出向きました。

2時間の衛生教育のビデオを見てから、実際の工場へ入るのですが、
食品を扱うだけに衛生面のチェックはとても厳しいものでした。


衛生チェックが済むと、おにぎり製造ラインへ配置されます。

コンビニのおにぎりができるまで、少なくとも7人の手が必要で、
すべて自動ではないことに驚きました。

自動的にシート状に出てくるご飯に、具を乗せるところを担当しました。

一番重要なのは、おにぎりをある程度、人が手でが握ってから、ラインにもどすところ。

これはベテランのパートさんでなければ出来ない仕事です。

常に機械を管理している男性社員を除けば、すべて女性。

とても親切に教えて頂きながら、なんとか22時から翌朝6時までの勤務を終えました。

ずっと立ちっぱなしで、休憩も40分無かったので、
体力的には毎日出来る仕事ではないかもしれません。

しかし、コンビニのおにぎりがあの値段なのは、
決して高くない事を知ることが出来、良い経験でした。

このブログ記事について

このページは、gamejoberが2013年8月 9日 07:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「バブルワールド」です。

次のブログ記事は「ラグナブレイクサーガ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。